スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

福岡ペット霊園、火葬 動愛園 NPO活動

►2011/02/16 10:49 

NPOセンターから福岡県との協働事業の参画募集の案内があったので早速企画書を提出した。
福岡市内の場合「死亡したペットを行政に依頼=ゴミとして市の指定業者が回収し焼却処分」飼主の負担は1500円程度です。「市民だより」には「ペットが亡くなったら○○商会へ連絡してください」遺骨はお返しできませんので遺骨を希望する場合は民間のペット霊園に依頼してください等となっている。
これって、遺骨は返せないがちゃんと火葬して埋葬していますと書いているように見える!現実は「ゴミと一緒に焼却処分となるので遺骨は取れません」なのである。したがって、行政に依頼した飼主のほとんどがこの現実を知らないでいるのです。
この焼却事業に年間相当な予算をつぎ込んでいるので、一般家庭で亡くなったペットはNPOが窓口になり3000~9000円程度の費用負担を飼主が支払い合同火葬であるがちゃんと埋葬するという内容です。
これによって行政側は、ゴミ処理の実態を廃止できるうえに予算の節約ができる。私共のNPOとしては、ちゃんと葬るまで飼主が責任を取ることによって、安易に飼って捨てたりしないモラル作りの基本と成ると考えているのです。
生きている時は可愛がりましょう!などと言っておきながら、死んだらゴミ!・・・私は???納得できない。
この企画に私共が加盟している全国ペット霊園協会福岡ブロックに協力要請をしたところ福岡県全域をカバーできる体制も可能となっているのです。
しかし・・・先日NPOボランティアセンターの担当者は「これは福岡市ですか県ですか?窓口は何処になるんですか?」っときたもんだから悲しくなってしまう。
県でも市でも環境衛生課に決まっているでしょ!怒鳴ってしまいたくなる気持ちを抑え説明したが・・・どうなることやら疑問です。
この件に関しては、市に行くと「県に相談してください」県に行くと「市に相談してください」早い話がやる気が無い、聞く耳を持たない連中ばかり。市議会議員に相談すると選挙が近いんでそれどころじゃないらしい・・・環境問題や市民生活の為より自身の保身を願う役人と当選しか考えない議員・・・本当にヤレヤレである。
一歩でも進む為に、NPOセンターが県の担当者を引っ張り出して面談の席に着かせてくれることを願うばかりである。

スポンサーサイト

未分類Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。