FC2ブログ

虹の橋

►2010/05/08 14:10 

「虹の橋」という本があるのですが良い話しなんです(^_^)
可愛がっていたペットを見送った飼主さんが数十年後に他界し三途の川に向かって旅をする途中、虹の橋が架かっていて其処に元気な姿で亡くなったペットが待っていてくれるお話。
何故か心が熱くなる感じと共に・・・私が死んだ時は何匹の仔達が待っててくれるんだろうか?
4月17日に福岡霊園で飼っていたトラと言う猫が亡くなった・・・迷い猫なのか捨てられたのか分からないが居着いてしまい、結局飼うことになった猫だった。
推定年齢5~6歳なので余りにも早い別れで、朝、何時ものベットに行ってみるとトラが横たわっている。
数日前から体調が悪いようなので獣医さんにも診てもらっていたが、自力で立つこともできないので「もう駄目かも知れない」と悟ったが一途の望みから病院で強心剤と酸素室に入れてもらった。
しかし、2時間後獣医さんから連絡が入り亡くなった事を告げられた。
面倒を見ていたスタッフが「病院に預けずに傍に置いていたのが良かったのか・・・」病院に連れて行く前に体温を上げるため湯たんぽを作ってトラのお腹に沿え顔を撫ぜたときに私の手のひらに顔を擦り付け私を見ていた。
別れを告げていたのか・・・どうすべきだったのか?判断は正しかったのか?何度経験しても疑問が浮かんでしまう。
でも、トラは幸せだったことは確かだ。訃報を聞いた沢山のお客さんが別れをしてくれた。
数日後、火葬して気付いたが、遺骨の状態から短命の運命で野良のままなら1~2年でこの世を去らなければいけなかったのではないかと感じた。
トラ、安らかに眠ってください。縁があったら・・・また、会おうね。

スポンサーサイト



管理人日記Comment(1)Trackback(0) | Top ▲

コメント

今月、12日に行橋の霊園にお世話になりました。
その二日後にこちらのサイトを見つけ、全ての日記を読ませていただきました。
虹の橋という話を調べ、読んで、本当にそうであって欲しい。
家の子は病気で亡くなりましたが、虹の橋を読んで最後まで一生懸命病気と闘い辛かっただろうけれど、虹の橋でどうか元気に走って遊んでいてほしい。
心からそう祈りました。
色々読みましたが、ペット住民登録の事。惨殺事件や保健所の事など、本当に早く対処をしてもらいたいものです。
今は亡き子のため、いづれまたお世話になるかもしれませんが、動愛園が私のような人の為にずっとあり続け、動物も家族だと従業員皆様が理解してくれる事が利用者の願いだと思います。
これからもブログ更新、動物への想いを人々に伝えて欲しいです。


No:13 2010/05/19 18:07 | もんしぇあ #-URL[ 編集 ]


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top |