スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

遺骨の埋葬

►2009/10/23 11:56 

遺骨を埋葬する覚悟ができない・・・
自宅に遺骨を持ち続けている方々が全国的に非常に多いとのことです。
私たちのアドバイス不足と見ただけのスタイルを真似してペット霊園を開業する者が急増したために遺骨取り扱いに関しての考え方がバラバラであることが大きな原因なのかもしれません。
ペットの葬祭儀礼や作法は歴史が浅く、結果として人間の葬儀に見習った形になっているのですが遺骨を自宅に持ち帰った後のサポートが全くなされていないのが殆どのようです。
私どもの考え方がすべて正しいかどうか判断しかねますが、ご参考にされて下さい。

                    ※遺骨(御霊)の考え方

1.目的(区切り)を自分なりに決めて埋葬してあげましょう。
 人間の葬祭儀礼では49日を境に埋葬または納骨されます。
 これは、三途の川を渡り霊界に到達する期間を49日間かかると云われていることから火葬方式に
 なった現在はこの日を境に埋葬(納骨)されています。
 49日に埋葬しろとは言いませんが、何らかの目的なり区切りをご自身で定めて埋葬してあげてくだ
 さい。
 遺骨を何時までも抱え込む事はあなた自身と亡くなった仔の為になりません。

2.墓守は貴方一代限り、直接自然に返す。
 人間の場合は先祖代々からなる親族が墓を守っていきますが、ペットの場合は貴方様と心の絆だ 
 けですので墓守はいません。
 ここに、人間とペットとの大きな違いが生じて、人間の墓地にペットも入れるか否かはっきりしていな
 いのが現状です。
 私どものペット霊園に委ねるも良し、ご自身で自然に返すも良し、自然に返すことが最も適したこと
 ではないかと思われます。

先日、悪徳ペット火葬業者を扱ったテレビ放送があった。
移動火葬車で、基本料金5万円とのことだが、火葬の点火をした途端、基本料とは別に火葬料と施設使用料等々で25万円もの請求をする東京のペット火葬業者に関するものだった。
残念ですが現実にこのような業者がおりますので注意して下さい。
埋葬施設を持たずに移動火葬車で営業している業者は火葬後に残った残骨や灰は遺棄したり生ゴミに出して処分してしまいます。
最近は、お寺と提携しているとか埋葬所を持っているなどと嘘をついている者が非常に多いのが現状のため基本的に移動火葬車は信用できません。
近いから便利だからといった基準でペット霊園を選択することは後悔の素になりますので慎重にしてください。
ご参考までに、火葬・個別納骨を契約した場合でも小型犬で5万円前後、大型犬でも7万円前後が最高金額とお考えください。(福岡県並び近郊の場合)

スポンサーサイト

テーマ : ペットあつまれぇ~ - ジャンル : ペット

霊園からのお知らせComment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。