スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

おじいちゃん

►2009/03/02 14:53 

15年可愛がっていた猫が亡くなった・・・飼主は80歳前後のおじいちゃん。
娘さんと一緒に亡くなった仔を抱きしめて連れてきた。
嫁に行った娘さんから何度となく問い合わせを頂いていたが、今日という日がこのおじいちゃんに訪れたのだろう。
そっと亡くなった仔の頭を撫ぜ静に送り出す・・・おじいちゃんの気持ちを察するに余計な言葉も交わす必要もない。
この仔の送り人はこのおじいちゃん、点火スイッチを押すと静に手おあわせ一粒の涙が見えた・・・
15年前に犬を亡くした後に飼い、この仔が最後のペットになると思うんです・・・と、娘さんが教えてくれた。
収骨の時に「しばらく家に置きたいのだが」と相談された。私は「おじいちゃんが笑顔でこの仔に向き合えるなら好きなだけ持っていて良いですよ」と告げた。
おじいちゃんはゆっくりと「ありがとう、時が来たらこの遺骨はここに眠らせてください」とゆっくりお辞儀をして斎場を後にして行った。
これからは亡くなった仔の供養を日々の日課にして元気に過ごしてもらいたいと願っています。

スポンサーサイト

管理人日記Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。