スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

自然界の法則

►2012/06/10 14:46 

2年前から自宅のベランダに鳩が来ていた。
毎朝、餌をあげることが日課になり私に慣れてくる鳩に愛着がわいてきてもいたんです。
基本的には鳩は害鳥に指定されているので餌やりによって汚れたベランダをちゃんと掃除したりしながらも必要以上の保護はすべきでないと考えていた。
5月の末頃ベランダの隅に2個の卵を発見したので親はどれだとばかりにそっと覗くと以前指を骨折していて指曲りと名付けていた鳩がお父さんでした。
それが分かるまで威張りくさっている指曲りにコラッ!いじめるな!って言っていたんですが態度が急変してしまう身勝手さに苦笑してしまった。
6月に入ると2羽の雛が誕生しすくすくと育っていく姿を見守るのが楽しかったがカラスの襲撃が気になるものの今までベランダにカラスが来ることはなかったので油断してしまった。
雛を守るために部屋の中にいれるかどうか迷うも自然界で生まれ親がちゃんと子育てしてるのだから過保護はならんとグッと堪えた。
今朝、鳩たちの異常な声に布団から飛び出し鳩の巣を覗くと雛がいない!ベランダに飛び出すと大きなカラスが飛び立った後だった・・・もう少しで自分で餌を食べられるようになったのに雛たちのために用意し楽しみにしていた餌袋が目に入り無性に悔しい。
自然界のルール・・・それはとても厳しく残酷であると身に沁みされてしまった。
ガックリしながらベランダに座っていると別の鳩が餌をくれとばかりに私の指をつつく、手のひらに餌をこぼすと争うように食べにくる。
今日のような日に限って、その鳩は私の膝にまでよじ登ってきてお代わりを求める。

スポンサーサイト

管理人日記Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。