スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

頑なに拒んだ般若心経・・・

►2015/04/21 10:22 

修業を積んでいない素人がお経をあげて良いのか?それがペット霊園に関わるうえで一番の疑問であった。
平成10年頃までは定例法要にお坊様にお経をあげて頂く以外にご心経をあげる事はなかったが信仰深い職員が火葬後に般若心経を上げていたものがいつの間にか皆に広まり現在に至っている。
私は宗教を信仰していない人間です。
子供の頃から母親が色んな宗教に入っては辞めるを繰り返していたからであった。
一番嫌だったの事は、母親の代わりに集会や信仰施設への訪問に私が行かされていたことが苦痛そのものであった。
それが、ある種のトラウマとなり宗教というものに拒絶反応をおこしていたので火葬場にて遺骨上げまで行なっても般若心経は他の職員にお願いしていた。
そんなある日、他にお経をあげる者がいないため私が般若心経を上げさせていただく事があった。
嫌々お経を上げることは喪主に失礼になる・・・必死だった、自分のペットが亡くなった時の感覚を思い浮かべながら緊張のなか般若心経を読み上げた。
すると、飼い主の方は深々と頭を下げ「火葬からお経まで上げて頂き有難うございました」私のような人間が上げたお経でも喪主にとっては有難い事なんだと感じてから考え方が変わった。
以来、飼い主から預かったご遺体を御霊にするため、この世とあの世を繋ぐ使者として、飼い主である喪主の安堵を持たせるために般若心経を上げている。

スポンサーサイト

管理人日記Comment(1)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。