FC2ブログ

小さな命

►2010/10/25 12:27 

トラ子
3日前に小さな子猫がやってきた。
生後二ヶ月にも満たない小さな命・・・この春に亡くなったトラの生まれ変わり?と錯覚するような子猫。
しかし、衰弱しきっていて自力で排便すらできない状況に心の不安がよぎる「駄目かもしれない・・・」栄養剤を与え何とか体力が戻って欲しいと願う。
しかし、3日目の朝、自力で歩くこともできなくなり虚ろな目をみた時に「あぁ~お迎えが来てしまう・・・」臨終までの3時間余り膝枕をしながら時が来るのをじっと待った。
何度か痙攣を起こすがその都度持ち直す・・・ふか~いため息を繰り返しながら時折私たちを見つめてくれる。
この春に亡くしたトラは看取ることができなかったので、この子は最後まで見守る決意・・・。
最後は私の手の中で見つめ合い別れを告げた・・・子猫は可愛い瞳の中から光が消え瞳孔が宇宙のように広がり一つの小さな命が消えた。
何度経験しても内臓を掴まれるような感覚・・・心が泣いてるのかな? トラ子・・・安らかに。

スポンサーサイト



管理人日記Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top |