スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

う~ん・・・

►2010/06/11 12:11 

福岡市内で亡くなったペットをゴミとして処分する件数が年間約6,000件だそうです。
福岡市の場合、行政サービスとして井ノ口商会さんが市の指定業者として各家庭に訪問し1,500円で回収してくれるそうです。
他の地区でも訪問回収まではしないまでも保健所や動物管理センターが引き受け窓口になっています。
問題なのは件数の多さです!!因みに北九州市の場合年間約1400前後が一般家庭で飼われていたペットが持ち込まれる件数に対して福岡市の場合は6000前後という数字なのです。
市内のペット年間死亡数がおおよそ12,000匹ではないかといわれているので比率にして50%のペットが亡くなった後にゴミとして処分されている現実です。
う~ん・・・なんか寂しい気分です・・・行政が安易に市民サービスとして行なっていることが裏目に出ているような気がしてならないのです。
ペット霊園を経営している私が言える立場ではないかもしれませんし、単純に行政を責めるのも筋違いのようです。
肝心なのはペットを飼っている方々のモラルの問題ではないかな?先日、以前は井ノ口商会さんにお願いしていたが、まさかゴミとして処理しているとは思いもよらなかったと言っていた方がいた。
市に任せればちゃんと埋葬してくれているものと思っている方が意外にも多いようです。
福岡県の場合、亡くなったペットはあくまでも産廃処理としての扱いであることを理解したうえで亡くなった仔の最後をどうするか判断してほしい。
また、この事実を知らないペットを飼っている皆さんに教えてあげてください。

スポンサーサイト

未分類Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。