FC2ブログ

酷過ぎる・・・

►2010/01/27 17:00 

怒りと虚しさが交差する・・・
若い女性の飼い主は行方不明で3ヵ月ものあいだ鍵の掛かったマンションの一室に閉じ込められ
水も食べ物もなく置き去りにされた六匹の犬と猫が息絶えていた。
マンションの持ち主が強制的に鍵を開け発見された状況は、糞尿とゴミにまみれてミイラ化した姿
は呼吸もできないほどの状況で、私達が遺体の回収に伺うまで何匹死んでいるのかも判らない状
況だった。
猫は玄関横のゲージで、奥の部屋に5匹の犬が顔を寄せ合い円陣を組むような形で、そして一匹
の犬は半開きのクローゼットで飼い主の衣服に紛れ込むようにして絶命していた。
飼い主を信じて帰りを待っていたこの仔達に何の罪があるのだろう・・・あまりの悲惨さに涙も出な
い。
同時に、置き去りにして姿をくらました飼い主に怒りがこみ上げてくる・・・どんな理由があろうとも
こんな残酷なことが許されるのだろうか!私は絶対に許さない!
咽返る嘔吐しそうな悪臭をこらえ、一匹づつ抱かかえるがシュナウザーなのかシーズーなのか犬
種も判らないほど哀れな姿が痛ましかった。
霊園に連れ帰り、火葬をし、遺骨を無縁仏の壷に納めるのだが残った遺骨の状況から亡くなった
仔達はみんな若いことに気付き虚しい気持ちのなか集骨した。
せめてもの救いが、連絡してくれたマンションの持ち主はペットが大好きで飼い主としての責任を
全うする方でしたのでゴミには出せないということで連絡してくれたものだった。
亡くなった仔達に対して、何もしてあげられないが心から冥福を祈ります。
そして、火葬費用を全額負担するとまで言っていただいたマンションの持ち主方へ、本当に有難う
御座いました。

スポンサーサイト



管理人日記Comment(1)Trackback(0) | Top ▲

新年を迎えて

►2010/01/07 10:15 

年末年始は何故か忙しい。
毎年のことなのだが不思議である。
年末に亡くなると厄を断ち切る、新年に亡くなると災いを祓う、っという話を思い出す。
その他にも、引越しや新築の直後に亡くなる話など、この仕事をしていると不思議とよく
耳にするのだが偶然として終わらせるには納得のいかない何かを感じる。
動物たちは人や家に憑くと言われているように飼い主さんの厄や災いを祓ってくれている
のかもしれない・・・
「下界の魂を救う者、上界の魂を得る」家族として供に過ごしたペットを天界に送り出し
供養をする皆さまが良い年を過ごせますようお祈り申し上げます。

管理人日記Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top |