FC2ブログ

冥福を祈る

►2009/07/21 15:21 

18年前からお付き合いしていた方が亡くなった・・・
それは、あまりにも突然の知らせと共に一緒にいた2匹の犬も亡くなってしまった知らせだった。
亡くなった犬たちを迎えに行き、消防署の職員と確認の後に引き取って帰る。
亡くなった2匹は亡き飼い主さんがとても可愛がっていて、毎月の法曜日に子犬の時から遊びに来ていたドーベルマンとシェパード。
火災の時、鎖に繋がれることもなく自由にしていたので逃げだせることは十分できただろうが飼い主さんの傍から離れずに運命を共にした仔達だ・・・
斎場で待ち構える私は思わず涙が出た、苦しかったのであろう、カーペットに噛みついた状態で亡くなっていたそうで引き離すのに職員は苦労したそうで言葉数も少なかった。
こんな事があってよいのだろうか!怒りと悲しみのようなものが入れ替わり私の心を突き刺す。
今日、飼い主さんは親族だけでの密葬の後に荼毘にふされるようで、それに合わせて2匹の仔達も遺骨にしてあげることがせめてもの弔いです。
飼い主さんと一緒に三途の川を渡る旅をしてください・・・
N・Rさん、そして、2匹の仔達へ心から冥福をお祈りいたします。

スポンサーサイト



テーマ : ペットあつまれぇ~ - ジャンル : ペット

管理人日記Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

自然葬への取り組み

►2009/07/03 11:40 

家族として過ごした仔が亡くなり遺骨を自宅に持ち続けている方々からの相談で、マンションなので埋葬できない・埋めてあげる場所が無い・納骨や墓地だと後々の管理が・・・といった内容のものである。
ペットの遺骨であっても自宅以外での埋葬は法律で禁止されてしまっている現在では確かに難しい問題かもしれない。
それ故に、私どもでは共同墓地と言って、みんなと一緒に合祀するお墓を用意しているのですが、合祀そのものに迷いを持たれる方がいる。
そこで、福岡霊園では自然葬の取り組みに現在かかっております。
一定のスペースに記念樹を植え、その周りに飼い主さん自身で埋葬してあげる方式です。
これは、最近人間の霊園でも取り入れられてきておりますので積極的に取り入れてみようと考えております。
埋葬費用やスタイルは、まだ決定していませんが概ね飼い主さんの負担を1万円程度で収まるような形で調整しております。
この方式に関して、皆様からのご意見やご要望をいただきたいと思います。

霊園からのお知らせComment(0)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top |