スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

笑みのこぼれる風景

►2009/06/17 13:38 

若い夫婦が猫ちゃんの火葬に訪れた。
結婚する前からずっと飼っていた猫ちゃんだったようで年齢も20歳近い長寿の仔でした。
飼い主さんも飼い主としての務めを果たしてと思っているようで苦しみはない。
若い奥さんに淋しくなるでしょうね、チャンスがあったら是非また猫を飼ったら良いのでは?っと話しかけていたら・・・ご主人が、新しく飼ったら前の猫がヤキモチ焼かないかな~僕が死んでしまって奥さんが違う男と再婚なんかしたら耐えられない!!。
真顔で訴えるご主人を苦笑いしながらうつむいている奥さんの姿がなんとも可笑しい。
亡くなった猫ちゃんは、ある日突然知らない男の人と生活を共にしなければならなくなったのにちゃんと受け入れてくれたのにね~っと、女性スタッフが笑いながら話していた。
良いじゃないですか・・・こんな光景も。

スポンサーサイト

管理人日記Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

不要ペット引き取り有料化

►2009/06/07 11:28 

福岡市では今年の秋から不要ペットの引き取りが有料化になります。
関東や関西などの方ではすでに実施されていて抑制実績も上がっているようで安易にペットを放棄する人への戒めも含まれています。
この制度に関し、良きにしろ悪きにしろ殺処分ワーストワン返上への一歩として賛成です。
動物の管理行政が遅れている福岡県を動かしたのは愛護団体や市民の声があったことは言うまでもなく皆さんの努力が実った一つの結果なのではないでしょうか。
ところで、殺処分された子たちはどうなるのだろうか?っと思われる方、考えたこともない方もいると思います。以前は、すべてゴミ処理場に行き焼却処分されていたんです!!でも、現在は民間のペット霊園が年に一度、動物管理センターで入札を行い火葬と埋葬の引受先になっているんです。
これも、市民からの声が行政に届き実現したものなんです。

殺処分される子たちの最後の食事はどうしているんだろうか?せめて最後の食事はお腹一杯おいしいご飯が食べられればいいのだが・・・

テーマ : 動物愛護 - ジャンル : ペット

管理人日記Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。