FC2ブログ

新聞記事

►2008/08/28 16:46 

8月24日の読売新聞朝刊に悪徳ペット霊園に関する記事が載っていました。
移動火葬業者で数十万円の請求をされ、払わなければ遺骨がボロボロになってしまうなどと言って
飼い主さんを脅したそうです。
とても残念なことですが、このような業者が存在することは確かなだけに私個人としても情けない限り
・・・こんなことでは何時までたってもペットを飼っている方・飼っていない方、双方からの信頼を得るこ
とができないでしょう。
ペット霊園に関する規制や法律を含めモラルを問われる時が来るといいのですが・・・このままではペット霊園を営む全ての者がインチキと思われてしまうのではないかと心配です。

スポンサーサイト



管理人日記Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

きびしい暑さ・・・

►2008/08/13 19:31 

今年の夏はとても暑い・・・毎年のことだが夏は犬たちにとって大敵の季節です。
特に高齢の子を持つ皆さんにとって不安なことと思われます。
この数日、日記も書けないほどの忙しさで連日火葬場の応援に走り回っている。
天寿を全うし、安らかな死を迎える子達の火葬なら飼い主ともどもお疲れ様と言えるが、熱射病などによって命を落とす子の場合はそうも行かない・・・
後悔の念と悲しみが交差して自分の気持ちのやり場を失ってしまう方がいる。
スーパーの駐車場にエアコンをかけているので大丈夫と思い、買い物を済ませて車に戻ると・・・エンジンが止まっている。
愛犬は車の中でぐったりして動かない、残念ながら亡くなってしまう・・・こんな事故は出来ることなら聞きたくないが毎年発生する。
以前、小倉伊勢丹さんに買い物中にペットを預る施設を提案したことがあり、実現するところまで行ったが残念なことに皆さんもご承知のように撤退が決まり頓挫してしまった。
ハローディさんはペットのことを全く理解できないようでトンチンカン!!残るは、井筒屋さんかイオンさんなんだけど・・・話を聞いてくれる人はいないものだろうか・・・

管理人日記Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

辛い別れ・・・

►2008/08/03 16:58 

小さな子犬が亡くなった・・・狭いペットショップのゲージから解放されて新しい家族として迎えられて三日目のこと。
ペットショップの説明では少々下痢気味だけど大丈夫だと言っていたが・・・異変に気づいて獣医さんのところに行ったが手遅れだったらしい。
無責任なペットショップに対して怒りがこみ上げるが、新しい家族を迎え入れたばかりでの別れは飼い主とって強烈なショックと怒りであったに違いない。
遺体を預かり、火葬の日取りの打ち合わせをしながら慰める言葉を探すが出てこない・・・飼い主の方が「たとえ一日でも私たちにとっては家族です・・・」の言葉が胸を締め付ける。
この子がもしペットショップのゲージの中で死んでいったら・・・人との愛情も受けることなく、きっとゴミとして処分されていたに違いないだろう。
短い命だったが、あふれる愛情を受けることができたこの子は救われたのかもしれない・・・心ある飼い主さんにありがとうございます・・・そして、亡くなったパピオンの子犬に冥福をお祈りします。

管理人日記Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top |